親鸞会 福井 福井 我ら親鸞学徒の集い

Jodo Shinshu Shinrankai FUKUI Official Website

   浄土真宗とは

親鸞会 福井
  

 親鸞会公式ホームページから、共に学びましょう。

 阿弥陀仏の本願とはどんなことか
 阿弥陀仏がどんな本願をたてられたかとのお尋ねですが、本願とは誓願ともいいまして、約束ということです。

 弥陀の救いは、ハッキリするのか
 阿弥陀仏に救われるとハッキリすると言う人と、凡夫にそんなことはないものだと言う人とがありますが、どちらが本当なのか、解説しています。

 信心獲得すると、どのようにハッキリするのか
 浄土真宗の門徒が朝夕拝読する『正信偈』に、「他力の信心を獲ると韋提希夫人と同じように、三忍を獲ることをいう」とお答えになっております。

 信心獲得したら煩悩はなくなるのか
 浄土真宗中興の祖・蓮如上人が『御文章』に「三世の業障一時に罪消えて」とおっしゃっています。この一念で消える罪とは、欲や、怒りや、愚痴、いわゆる煩悩や悪業ではないのです。

 救われたら本当に大慶喜がおきるのか
 念仏は称えているが、まだハッキリ救われず心が曇っている者には、大慶喜心がおきないのだ、と道破なされています。

 どんな心で聴聞すればよいのか
 阿弥陀仏の救いに値うには聴聞が最も大事だと教えられますが、どんな心で仏法を聞けばよいのか、親鸞会では、お釈迦様、親鸞聖人、蓮如上人のお言葉で解説をしています。

 念仏に3通りあるとはどんなことか
 普通、念仏といいますのは口で南無阿弥陀仏と称えることですが、浄土真宗では称え心の違いによって、念仏に三つあると教えられます。

 親鸞聖人とただ念仏の救い
 「ただ念仏さえ称えていれば助かる」のが親鸞聖人の教えと思われている誤解について、親鸞聖人、蓮如上人のお言葉を挙げて、正しい教えを解説しています。

 不来迎とは どんなことか
 浄土真宗の教えは救われた信の一念から仏凡一体ですから常来迎であり、不来迎です。

 絶対の幸福になる最も近道は何か
 お尋ねのことはまことに浄土真宗の肝要であり、万人の聞きたいところなのです。信心決定するとは、無上宝珠の南無阿弥陀仏の大功徳を阿弥陀仏から頂くことです。

 二益法門とは、どんなことか
 蓮如上人は、現当二益が浄土真宗の教えだと教えておられます。二益とは、現世の利益と当来の利益をいうのです。

 親鸞聖人と他力本願
 他力とは一体どんな意味なのかといいますと、浄土真宗の御本典『教行信証』に明示されていますように、弥陀の本願力のみを他力というのです。

 なぜ阿弥陀仏が最尊なのか
 釈尊は、阿弥陀仏の使いの者として、この世に出て阿弥陀仏の本願を説かれたのです。

 阿弥陀仏をタノムとは、どんなことか
 大変に重要な、しかも浄土真宗では誤解されている言葉です。真剣に聞法されている人なら、必ずぶち当たる疑問なのです。

 三願転入とはどんなことか
 18願に誓われた絶対の幸福、無碍の一道に出るには、19、20願の道程を通らなければならないことを発見し、教導なされたのが浄土真宗を開顕された親鸞聖人です。